Osaka Pastoral Symphony Orchestra とは

みなさん、こんにちは! Osaka Pastoral Symphony Orchestra、 略してO-PaS(オーパス)です♪

昨年は未曾有の事態の中、なんとか2回の演奏会を開くことができました。 これもひとえに、みなさま方のご協力あってのことと存じます。 改めましてありがとうございます。

集まって音楽ができること、ホールで私たちの音楽を聞いていただくことが、 当たり前にありふれた日常ではなく、本当に幸せなことであり、 かつ「不急」かもしれないけれども、決して「不要」ではなく、 私たちを元気づけ、心を癒し、豊かにしてくれるものであること、 身にしみて感じることができました。

さて、当団は2016年に ヴォーン・ウィリアムズ(Ralph Vaughan Williams…以下略:RVW)の Symphonyを全曲(!)演奏することを目標に、 同時代のイギリス音楽や、RVWの周辺の音楽にも取り組んでいき、 取り上げられる機会の少ないRVW含めたイギリス音楽のすばらしさを、 大阪より発信することを目的としたオーケストラとして発足しました。

2017年、第1回演奏会で「ロンドン交響曲」の【1913年初稿版】を《日本初演》。 2018年、第2回演奏会で「田園交響曲」を、 2020年には第3回演奏会で「交響曲第4番」を、第4回演奏会で「交響曲第5番」を演奏、 それぞれのカップリングにも、フィンジ、バターワース、ウォルトン、ホルスト、バックス、ベネット、 またギボンズやJ.C.バッハといった時代を隔てた作曲家も取り上げ、 ソリストやファンファーレ隊を迎えながら、バリエーション豊かにお届けしてきました。

***

そして…お待ちかねの次回、第5回演奏会のご案内です♪ いよいよ折り返し地点に差しかかります! さらには2022年はRVW生誕150年の記念すべき年。 それに相応しい曲たちが盛りだくさんのプログラムをお届けいたします。

2番から順番に5番まで来ましたが、続けて第6番のシンフォニーを取り上げます。 第二次大戦の終わりごろから書き進められ、1948年に初演されたこの曲は、 4番のような激しさや厳しさを持った前半3楽章と、静謐でミステリアスな響きの終楽章との対比が印象的です。 そのため「戦争交響曲」とも評されるほどですが、RVW自身は関連性について否定し、 「絶対音楽」として捉えてほしいと考えていたようです。 実際のところ、自作オペラのテーマを使用しながらも「絶対音楽」として打ち出した5番と、 はじめは「映画音楽」として書いたものを練り直して編んだ7番とに挟まれた本作は、 "Sinfonia"を起源に持つ古典的な交響曲の系譜からは一線を画し、 独自の歩みを進める方向性を示したものであると思います。 響きや曲調はますます「映画音楽」的でドラマティックになっていくものの、 自然と聞く者の眼前に情景が浮かんでくるような「絶対音楽」のはじまり。 ここから9番までの道程は、すでに老境に入っていたRVWの、 さらなる進化に対する驚きの連続となることでしょう。

今回は兵庫芸術文化センター管弦楽団(PAC)などのオーケストラをはじめ、 ソロや室内楽でも幅広く活躍されているヴァイオリニスト・農頭奈緒さんをお迎えし、 牧歌的でありながらどことなく東洋風の雰囲気も湛える「揚げひばり」ではソリストとして、 「音楽へのセレナーデ」では、ゲストリーダーを務めていただきます。 これは元々16人の独唱とオーケストラのための作品ですが、 RVW自身が演奏機会に恵まれないであろうことを憂慮して、合唱とオーケストラのために編曲、 さらにはオーケストラだけでも演奏できるよう、再度編曲したものです。 初演時に客席で聞いていたラフマニノフが涙したという、筆舌に尽くしがたい美しさをご堪能ください。

もう一つ、2022年はウィリアム・ウォルトン生誕120年の年でもあります。 大戦で大活躍した戦闘機「スピットファイア」を題材にした映画音楽として書かれ、 鮮やかでよく鳴る曲は演奏会の幕開けやアニバーサリーにピッタリ! 2人の偉大な作曲家による多彩な音を、どうぞお楽しみください♪

Osaka Pastoral Symphony Orchestra 第5回 演奏会

2022年1月23日(日) 昼公演
東大阪市文化創造館 Dream House 大ホール
近鉄奈良線「八戸ノ里駅」下車 北へ徒歩約5分

ヴォーン・ウィリアムズ

交響曲第6番 ホ短調

Ralph Vaughan Williams / Symphony No.6 in E minor

ヴォーン・ウィリアムズ

音楽へのセレナーデ(管弦楽版) ※

Ralph Vaughan Williams / Serenade to Music (Orchestral Version)

ヴォーン・ウィリアムズ

揚げひばり ※

Ralph Vaughan Williams / The Lark Ascending

ウォルトン

プレリュードとフーガ「スピットファイア」

William Walton / Prelude and Fugue (The "Spitfire")

ヴァイオリン
農頭 奈緒 ※
指揮
松永 健司郎
inserted by FC2 system